【荒野行動/PUBG】iPad Air4の魅力はどこにある?性能は?タッチバグのリスクは?

iPad
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちわ!ガジェしれ。中の人の いのち です!

投稿2回目は発売が目前に迫ってきたiPad Air4の魅力について、バトロワゲーマー視点から考察していきたいと思います!

写真引用:Apple公式サイトより
この記事で伝えたい考察
●iPad Air3からの乗り換えメリットiPad Pro2018、2020と変わらない?タッチバグは起こるのか!?

当の私は現在iPad Air3を一年程愛用し、バトロワゲーム(荒野行動)を楽しんでいます。

写真引用:Apple公式サイトより

2019年3月発売当時、iPad Pro10.5inchと外観は同じのコスパモデルということで即購入して愛用してきました。

早速結論から言ってしまうと、

iPad Air4にしようか、型落ちで安くなるかもしれないiPad Air3を狙うか、はたまた思い切ってiPad Proにしようか!と、どのタイプのiPadを購入しようか悩んでいる方も多いのではないかと思いますが、

ゲームをする前提ではコスパやスペック、使い易さを考慮するとiPad全ての機種において

間違いなくiPad Air4が最強だと思います。

その理由を話していきます。

スポンサーリンク

iPad air3よりiPad Air4はどこが優れているのか

力1 iPad Air4に最新チップA14 Bionicの搭載

現愛用機Air3の搭載チップはA12 Bionicチップで、通常バトロワ系のゲームをするにも十分なスペックを持った端末だと言えます。

ただし、端末に負荷のかかる画質レベルまで設定を上げてしまうとカクついてしまうので、やはりコスパモデルだからこれは仕方ないなと妥協するところでもありました。

そして悲惨なのが処理速度が必要となる多人数での接近戦、コンマ一秒が生死を分ける場面で処理落ちし死んでしまうこともありました泣

今回のiPad Air4に搭載されるA14 BionicチップはAir3のチップより処理速度40%高速化、グラフィック性能も30%高速化されているとのこと。

バトロワ系ゲームを楽しむ上で重要な、高画質設定でもカクつきのないスムーズな映像でプレイを楽しむ事が出来ると思います。

ラグくてやられた〜!と負けた理由が言えなくなるかな笑

魅力2 大きくなった画面サイズ!ベゼル(枠)が狭くなる!

iPad Air3はホームボタンが付いた、横持ちした際に左右のベゼル幅が大きい10.5inchのモニターモデルです。

このタイプのiPadでバトロワゲームをする際に親指が画面外に行ってしまい、操作がおかしくなった経験はないでしょうか?

特に左手の親指、移動パッドの操作で起こる事を気にしていました。

ベゼル外に指が泣

私も、持ち方を変えてみたり手を画面に被せるようにして、どうにかベゼル部分に指がいかないように工夫してプレイしています。

iPad Air4はベゼルが薄くなり、端末のサイズはほぼそのままに画面サイズが10.9inchとなります!

ベゼルが薄くなる事で操作範囲が拡張されることにより、指が画面外に出てしまうリスクが激減すると思います!

画面が大きくなる事はかなりのメリットだと感じています。

魅力3 スピーカーが左右ステレオに!端末スピーカーでも聴き分けやすくなる!

これはイヤホンやヘッドホンでプレイする人は多いと思いますが、ライトユーザー層では端末のスピーカーでプレイされている人も居るかと思います。

iPad Air3は横画面にした際にはホームボタン側にしかスピーカーが搭載されていないので、

音で敵の位置や銃声の方向を判断するのはほぼ出来ません

iPad Air4はAir3同様に2スピーカーですが、搭載位置が変更され横画面にした場合に左右から音が出るように変わります。

これによってイヤホンをしないユーザーでも音の方向が聞き取りやすくなりますね!

私も試合ではなく練習場に行く時などはイヤホンをしないでプレイする時があるので違和感なく出来そうです!

スポンサーリンク

iPad Pro とどちらが買いなのか

さて、大幅な進化を遂げるiPad AirはiPad Proとどちらが買いなのか。

iPad Air4は10月登場とアナウンスされてなかなか予約すら出来ない日々が続いています。

首を長くして待っている私は、iPad Proも気になり出していました。

メルカリなどで2018のiPad Proを探してみたりして、どうせなら程度の良いiPad Proにしようかなーと考えたりもしていました。

しかし、iPad Pro 11inchとほぼ変わらない画面サイズにルックス。パッと見は違いがわからない程に進化するiPad Air4。

ゲームに関係ないところでも言えば、カメラの性能やストレージサイズ、3D認識でARが進化すると言われるLiDARスキャナが搭載されているなど、

iPad Proが優れている点はたくさんあります。勿論値段も高いですが…

バトロワゲームを主要目的として検討する際に考えられるのは、ディスプレイの差だと個人的には思っています。

iPad Proは、ProMotionディスプレイが搭載されています。画面のリフレッシュレートが120Hzをサポートしたなめらかな表現が出来る優れたディスプレイです。

Pro以外のiPadのリフレッシュレートは60Hzまでのサポートです。

リフレッシュレートについては以下の画像を参考にして下さい。

写真引用 https://www.fukuoka-navi.jp/49797

しかし、このようになめらかに表現出来るiPad ProのProMotionディスプレイですが、荒野行動などのバトロワゲームでは、フレームレートが最大60fpsとなっているのです!

PUBGモバイルでは最大90fpsまで設定できるようですが、相当端末に負担がありそうですね…

リフレッシュレートとは
端末、ディスプレイ側の性能を表しています。
120Hzの対応のディスプレイは、
120fpsまで表現出来るという意味です。

フレームレート(fps)とは
アプリ(ゲーム)側の設定可能なレートです。
例えば荒野行動は最大60fpsです。

すなわち…ゲーム側で120fpsまで設定できたとし
ても、ディスプレイが120Hzでなければ表現出来
ないという事になります。

つまりバトロワをプレイする目的であれば、ほとんどのゲームの最大が60fpsなので

ディスプレイの性能を持て余す、と言うことなのです。

そしてここから、個人的見解ではこのProMotionディスプレイが巷で良く言われているタッチバグに関係しているのではないかと思っています。

何故かと言うと私もタッチバグに悩まされた一人であるからです。私は今のiPad Air3の前はipad Pro2017を使っていました。

モチロンProMotionディスプレイ搭載機です。一年も使わない間にタッチバグが頻発するようになり、新品交換してもらった経緯があります。

フィルムを張り替えたり、端末を初期化したりして色々試しましたが改善されませんでした

そんな矢先にiPad Air3が発売されたわけです。心配されたタッチバグはこの端末では起こっていません。ネットで調べてみると、タッチバグが起こっている端末がiPad Proである事がほとんどです。

個体差があることや、ガラスフィルムが影響してタッチバグが起こるとの情報もあり、確証はないのであくまで個人的見解として参考にして下さいね!

あのタッチバグの悪夢がiPad Air4で起こらないことを切に願っている今日この頃です。

以上の事からすると、iPad Proはバトロワゲームをする用途ならばオーバースペックだと言えます。

まとめ

色々と述べてきましたが、やはりiPad Air4はバトロワ系のゲームをされる方にとっては最高の一台となるのではないでしょうか?

今回はバトロワゲーム特化で考えている方向けに記事を書いてきました。

実際に購入し、使用したレビューも書いて行きたいと思います!一日でも早く予約、購入できる日を楽しみにしたいと思います!

以上、いのち がお届けしました!最後まで見ていただき有難う御座いました!ではまた!

↓おすすめのガラスフィルムです!nimasoのガラスフィルムは貼りやすくて滑り最高で完璧です!2枚組でおトクです!!

実際にiPad Air4でプレイしたレビュー記事はこちら!

+8

コメント

  1. botman より:

    大変分かりやすい内容で楽しめました。応援しています。

    当方主に荒野行動でiPad pro 10.5 (2017) を使っているのですが、スモーク処理が重くそろそろ買い換えようかなと思っております。
    ゲリラなど大会などには出ず通常マッチだけなのでスモーク以外はそんなに気になって無いのですが…
    タッチバグにも散々悩まされてきました。端末交換で良くなりましたが、最近また充電中はちょこちょこ発生するようになって来ました。
    promotionが悪影響を及ぼしているのはなんとなく想像ができます…汗
    自分の経験上ではバッテリーが劣化してくるとタッチバグが出てるような気がします。(ネットではAir3などでもタッチバグが起こるとの書き込み)

    今回発売するAir4か、来年出ると言われている新型Proを買うかで悩んでおります。
    イラストはたまに描く程度です。
    Air4でも性能は十分だと思っておりますが、promotionでのイラストを描くだけでなく、タッチサンプリングレートはどうなのかな、と気になります。
    ゲームをやる上でタッチしてからの反応速度はproの方が速いと聞くので、エイムが合わせやすいとか。
    自分が使ってる2017年iPad pro 10.5はAir3などと反応速度は変わらないとネットで見たことがあります。
    ipad pro11inchからだとか。

    なので、Air4を買うか来年Pro出るのかも分かりませんが待つのか、今年すでに発売してるiPad Pro買うのか、非常に悩んでおります。
    どうするべきでしょう。。。

    +3
    • いのち いのち より:

      コメントありがとう御座います!
      私もiPad Pro10.5を使っていた身なので、気持ち大変よくわかります。。
      確かに新しい次に出るiPad Proは気になりますよね。Mini LEDのディスプレイが搭載されるとか…
      来年の登場となるでしょうか。

      私はiPad Air3はちょうど一年程使用して、今回のiPad Air4を購入する事に決めました。端末の代替スパンは人それぞれだと思いますが、iPadの中古市場価格は全体的に下がりにくい傾向にあります。
      イコール、買い替えの時に高値で売れる確率が高いという事です。
      なので私は一年か一年半サイクルで新しい端末に変えてもいいかなーと思っています。
      次々に新しい端末が発表されるので本当に迷ってしまいますが、一期一会!思い立ったが吉日と言う言葉があるように、今回のiPad Air4を購入されてもいいのではないでしょうか?

      タッチバグについては、Appleも何か対策たててほしいとは思いますよね…

      本当に、iPad Air4で起こらないことを祈るばかりです。

      +2
タイトルとURLをコピーしました