【実機レビュー!】ゲーミングヘッドセット RAZER KRAKEN FOR CONSOLE ~switchやPS4、やモバイルでのゲームにオススメ!~

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは! いのち。です!

今回はゲーミングヘッドセット、RAZER KRAKEN FOR CONSOLEをレビューしていきたいと思います!

大人気のメーカーRAZERのゲーミングヘッドセットです!

このヘッドセットは3.5mm ヘッドフォン端子を備えた PC、Mac、Xbox One、PS5、PS4、Nintendo Switch、モバイルデバイス向けに発売されたものになります!※パソコンに接続して楽しむ事ももちろん出来ます!

USB-Cやライトニング端子の方も心配無用!この記事の最後にオススメの変換ケーブルの記事のリンクを貼り付けますので、参考にして下さい!

私はパソコンでゲームをすることがなく、iPadやiPhoneでゲームをすることがほとんどです。私のゲーム環境には何がいいのか色々調べて、たどり着いたのがこのヘッドセットなので、これを選んだのにも意味があります。これはレビューのところで言いたいと思います。

私と同じような環境や考えを持った人には、共感してもらえると思います。

ですので、この記事を見れば、

パソコンでのゲーマーではなくゲーム機やモバイルデバイスでゲームをされる方はどんなヘッドセットが合うのかなぜこのヘッドセットがそれに適応しているのかがわかります。

見た目はブルー配色のデザインがカッコイイです!

今回の記事の流れとしては、

  • メーカーサイト情報を分かりやすく紹介!
  • 装着感や音質、マイク性能や7.1chサラウンドのレビューをしていきます!

この流れでお送りします!それではいってみましょう!

スポンサーリンク

性能やスペックは!?

重量やサイズ

まずはサイズや重量から紹介しますね!大きさは9.8 x 18.01 x 20.5 cm、重量は322g。軽い!手に取って最初に感じたものがこれでした。これは長時間つけても疲れなそうだな!というのが第一印象でした。

カスタムチューニングされた 50 mm ドライバー

見出しにもある通り、大型の50mmのドライバーを採用しています。ゲーミングの為にカスタムチューニングされています。

バトロワゲームでは音は非常に大事な情報となります。背後から聞えるかすかな足音や、遠くから聞える銃声を繊細に聞き取れます。

また、そのチューニングされた50mmドライバーがなせる重低音が、迫力のあるサウンドを実現し、スリル溢れる臨場感を味わうことが出来ます。

大型のイヤーカップを採用しています。


冷却ジェル注入のイヤークッション搭載!

イヤークッション部(直接耳付近に触れる部分)に冷却ジェル注入のイヤークッションを採用しています。

長時間プレイするとヘッドセットはどうしても熱が籠ってしまい不快になってしまいますが、このイヤークッションが不快な蓄熱を抑えてくれることにより快適にプレイすることが出来ます。

柔らかい布とレザーレットの組み合わせがソフトさと遮音性をもたらしてくれます!

調整されたカーディオイドマイク搭載!

このヘッドセットのマイクは、単一指向性・格納式マイクを採用しています。

カーディオイド収音パターンと言うものを採用しており、不要な環境ノイズなくユーザーの声だけをとらえます。要は声以外の雑音などのノイズを除去し、協力プレイには重要は声をクリアに仲間に届けることが出来ます。

収納式のマイクは単一指向性で、雑音を拾いません!

接続は3.5mmヘッドフォン端子!

3.5mm ヘッドフォン端子を備えた PS4、Nintendo Switch、PC、Mac、モバイルデバイスに対応しています!付属のスプリッターケーブルを使用すれば、ヘッドフォン、マイク個別に3.5mm端子を使用するパソコン等にも接続することが可能です。

冒頭にも書きましたが、私はiPadやiPhoneでゲームをプレイすることがほとんどなので、3.5mmヘッドホン端子の物を探していました。USB接続のものやBluetoothでの無線接続のものも発売されていますが、価格帯も上がってしまうためこのタイプを選びました。

インライン(配線途中)にボリューム調整、マイクのオンオフ切換えのスイッチを搭載しています。

スポンサーリンク

実機使用レビュー!

さて、代表的なこのヘッドセットの特徴を述べてきましたが、ここからは私が実際に使用して感じた感想を4つに分類してレビューしていきたいと思います。

同梱物とデザイン

デザインは青のエンブレムやクッションがとっても私好みでカッコいいです!イヤーカップも大きくて耳の大きな私も安心して付けられそう!というのが第一印象でした!

デザインは5点満点中4点です!カッコいいのですが、私の好みよりちょっとシンプル過ぎるかな…という事で★4です。

インラインに採用されたスイッチはマイクのオンオフとボリューム制御で出来ます。

個人的にはコンパクトで邪魔にならず非常にいいと思います。

同梱されている内容物は、

  • ヘッドセット本体
  • マニュアル
  • RAZERのスッテカー
  • スプリッターケーブル
  • 7.1サラウンドWINDOWS専用アプリのアクティベーションコードの紙

が入っていました。

装着感や冷却ジェル注入のイヤークッションの感想

まず頭に取り付けた時の感想を一言で述べます。

めちゃくちゃフィットします。

この一言に尽きると思います。いままでいろんなヘッドセットやヘッドホンを試してきました。イヤーカップの下の部分がフィットせずに空間が開いてしまうものや、締め圧が強くてフィット感はいいが長時間付けていると痛くなるものなど、なかなか丁度いい装着感のものに出会えていませんでした…。

頭の大きさに合わせる為の調整部分に数字が振ってあり、丁度いい所の数字を覚えておけば使わない時に縮めてしまっても直ぐに戻すことが出来ます。

数字が振ってある親切設計。

イヤークッションは触ると若干ひんやりした感じです。サイド部分はレザーレット、直接皮膚にあたる部分は柔らかい布の生地となっていて、付けた感じは抜群のフィット感を維持しつつも、不快な締め付けも感じることはありません。

私はメガネをしていますが、痛くなったりずれたりすることは全くありません!これはすごい事です!

バンドの部分にも柔らかいクッションが採用されていて、頭にも不快さは全く感じませんでした!


装着感は文句なしの★5を進呈します!

音質について

音質については、さすがゲーム用にチューニングされた音響と言う印象です。

低音重視で音場が広いです。ただし、高音は少しだけ弱い印象です。普通に邦楽を聴いたりするときは高音が弱く感じてしまうかもしれません。

バトロワゲームや迫力のある映画を楽しむ場合などに特化したサウンドを楽しめると思います。

足音の臨場感や、爆発音の迫力、音の方向などは非常にわかりやすいです。

迫力や臨場感を体感したいなら★5、その他音楽を聴く場合などは高音が弱く感じ、少し籠ったように聞こえるので★3

総評としては★4です。

また、パソコンに接続して使用する時限定で、疑似サラウンドによる7.1チャンネルでの迫力のサウンドが楽しめます!RAZERの専用サイトからアプリをダウンロードすることにより、7.1チャンネルのサラウンドを体験できます!

これでYouTubeの動画や音楽を聴くと音の広がりをさらに感じることができ、まるで映画館にいるような錯覚に陥るほど素晴らしいサウンドになります!

windowsのアプリ起動したところ。オンオフで7.1サラウンドをオンに出来ます!


マイクの使用感や音質

ヘッドセットのマイクは、脱着式や、跳ね上げ式など様々なものが発売されていますが、このヘッドセットは収納式です。

イヤーカップ内から出し入れするタイプです。もちろん降り曲がるので顔の近くに持ってくることが出来ます。

シンプルで私は結構好きですね。

片手でやっているのでぎこちなくてすみません。。

チャット相手にボイスの音質はどうかと聞いてみたところ、かなりハッキリ聞こえるとの事です。

ただし、このマイクは単一指向性なので、周りの雑音を拾わないメリットもありますが、マイクの向きをちゃんと調節してあげないとうまく声を拾えない事があるようです。

最初全く気にせず試したら、ちょっと声が遠い気がすると言われました。マイクの集音部を口に向けたらちゃんと拾ってくれました!

マイクの性能も文句なしの★5です!

最終評価

さぁ、今までレビューした内容をそれぞれ5点満点で評価すると、

項目点数コメント
デザイン★★★★☆青をアクセントにしたシンプルなデザイン!
装着感★★★★★眼鏡をしていても痛くならない!圧倒的フィット感!冷却ジェルパットで快適!
音質★★★★☆音場が広く重低音重視サウンド!
マイク★★★★★収納式の高性能マイク!収納方法、音質共に間違いなし!

ほとんどの項目で高評価のこのヘッドセットが、1万円を切る価格で購入できます!

大迫力のゲーム体験に連れて行ってくれる事間違いなしです!

iPadやiPhoneで使用する際は変換ケーブルが必要になりますので、こちらの記事で確認してみて下さい!

それでは、いのち。がお届けしました!

オススメのヘッドセットなので是非ヘッドセットの購入を考えている方は候補の一つに入れていいと思います!

では、また次の記事でお会いしましょう!

+7

コメント

  1. […] mentById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src="https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&appId=249643311490&version=v2.3"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk')); 引用元サイト […]

    0
タイトルとURLをコピーしました