【サブディスプレイ化する!】iPad/iPhoneやAndroid端末をMac/Windowsをデュアルディスプレイにしよう!作業効率、作業領域が2倍に!!

設定やワザ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは! いのち です。

今日はiPadやiPhoneをパソコンのサブディスプレイにしてしまおう!と言うお題でやっていきたいと思います!サブディスプレイ化出来れば、デュアルディスプレイの環境が手に入ります!

それを無料のアプリで実現できるので、今回はその使い方をご紹介します!

今回は具体的な導入方法はiosとWindowsパソコンで行っていきます。基本的な解説はAndroid端末とMacパソコンでも同様で、アプリのインストールリンクもありますのでご安心下さいね!

スポンサーリンク

デュアルディスプレイって何?

デュアルディスプレイとは、1台のパソコンに2台のモニターを接続して使う事をいいます。

パソコンを使っている時、ブラウザのページを沢山開いたり、アプリを沢山開いて作業したりしていませんか?はたまた動画見ながらだったりSNSを見ながら作業しているかもしれません。

パソコンとはマルチタスク(複数のアプリを同時に起動できる)でありながら、モニタは一つしかないんです。

もちろん、サブディスプレイとしてもう一台のモニターを数万円支払って購入してサブディスプレイとすることは出来ますが、今回はiPadやiPhoneをそのモニターにしてしまう方法を分かりやすくご紹介したいと思います!

デュアルディスプレイのメリットは?

デュアルディスプレイの環境を構築する事によって、作業スペースが広くなって圧倒的に作業の生産性を上げることが出来ます!

例えば、メインのパソコンで資料を作成しながら、もう一つの画面で参考のサイトを閲覧したりエクセルやワードでデータを確認したり…。

このように複数の作業を同時に進める事が可能になるわけです。息抜きにサブディスプレイで動画をみるのもいいでしょう。

一つの画面でも出来ることは出来ますが、何度もタブを切り替えたりアプリを切り替える手間が省け、作業効率が大幅に向上します!

デュアルディスプレイのデメリットは?

普通であればモニタをもう一台設置するわけですから、デスクの上に場所を確保しなければなりません。

もう一つはサブディスプレイが必要となるので追加購入しなければならない為コストがかかる点です。

ですが今回の方法では、既にiPadやiPhoneをお持ちであれば解決してしまいます!場所も、スタンドがあれば容易に設置できてしまいます!

サブディスプレイ化でも使えるタブレットスタンドをご紹介した記事のリンクを貼っておきますね!

必要なものはパソコンと端末を繋ぐケーブルだけです!私はiPad Air4を使っているので、

USB-TypeC→USB-TypeAのケーブルを調達しました。

ELECOMさんのケーブルを買いました!

ご使用の端末によって必要となるケーブルが異なるので、まずはパソコンに接続できるケーブルをご用意下さいね!

スポンサーリンク

無料でサブディスプレイ化するなら、Splashtop Wired XDisplay HD!を使おう!

さて、サブディスプレイ化できるアプリはいくつかありますが、私が何種類か試して一番使い勝手の良かったSplashtop Wired XDisplay HDを今回はご紹介していきます!

このアプリはiPadやiPhoneとMac/Windowsのパソコンを有線接続してサブディスプレイ化できるアプリです。有料の物に匹敵する使いやすさです。

無線でWIFIで接続できるアプリもあり使ってみましたが、動作がモッサリして私的には使い物にはなりませんでした。

早速導入していきましょう!

まずはパソコンにiTunesをインストールする

※既にインストールされている方は飛ばしてOKです!

このアプリはiTunesがインストールされていないと動作しない為、まずはこれをインストールします。Windows版は64bit版と32bit版がありますので、どちらのWindowsなのかわからない場合は以下の方法で確認してください。

設定→システム→バージョン情報→システムの種類 で確認することができます。私のパソコンは64ビット版だという事が確認できます。

64bitのWindows10をご利用の方はこちらからダウンロードしてインストールしてください。

32bitのWindows10をご利用の方はこちらからダウンロードしてインストールしてください。

インストールが完了したら次に進みましょう!

パソコンにSplashtop Wired XDisplayをインストールしよう!

以下のサイトにアクセスしてダウンロードします。MacパソコンとWindowsパソコンでダウンロードリンクが違うので注意してくださいね!

Turn your Tablet into a Monitor | Splashtop Wired XDisplay | Use Tablet as Second Screen
Use Splashtop Wired XDisplay to turn your iPad, Android tablet, Kindle or smartphone into a high-performance second display for your computer. Connect your devi...

サブディスプレイ化したい端末にSplashtop Wired XDisplayをインストールしよう!

インストールのリンクを作ったので、それぞれの端末からこの記事を見てもらってリンクにアクセスしてインストールしてください!

Splashtop Wired XDisplay HD – Extend & Mirror
Splashtop Wired XDisplay HD – Extend & Mirror
開発元:Splashtop Inc.
無料
posted withアプリーチ

早速パソコンと繋いでデュアルディスプレイにしてみよう!

まずはパソコン側でSplashtop Wired XDisplayを立ち上げます。

まずは有線接続でパソコンとディスプレイ化したい端末を接続します。パソコンと初めて接続した際は写真のようにこのコンピュータを信頼するかどうか尋ねられますので、信頼を選びます。

信頼を押した後、パスコードの入力を求められます。(iPadで表示)

ディスプレイ化したい端末でアプリを立ち上げます。すると英語でパソコンに接続して下さいと書かれた画面になります。(画面はiPadの画面です)

待機中って感じの画面ですね!(iPadで表示)

このあと、パソコン側で一度iTunesを立ち上げるとスムーズに繋がります。(次回以降ももしつながりにくい時に立ち上げるとうまくいきました。)

接続が完了すると、パソコンの画面が表示されます!これで導入完了です!次で表示内容や設定についてみていきましょう!

この写真は複写モードで表示されている画面です。(iPadで表示)

パソコン側から表示の設定をしよう!

タスクトレイからSplashtop Wired XDisplayのオプション画面を表示します。アイコンはサブディスプレイ表示時は黄緑色、接続されていないときは水色のアイコンになります。

Framerate、Qualityは両方とも High に設定しておけば問題ないです。その二つの下のResolutionをクリック。するとWindowsのディスプレイの設定画面が開きます。

ここで、サブディスプレイを左右どの位置に置くのかでマウスカーソルを左右どちらに画面から移動することが出来るかを設定します。

まずは識別を押すと、画面にどちらのモニタが1なのか2なのかが画面左下に表示されるので、ドラッグして配置を設定して適用を押します。

これで配置の設定は完了です!

表示モードを変更する!

Windowsボタン+Pを押すと、表示設定が出来ます。ここで、

  • PC画面のみ
  • 複写 → メイン画面と同じ画面を表示
  • 拡張 → デュアルディスプレイとして他のアプリを起動できる
  • セカンドスクリーンのみ

の選択が出来ます。それぞれサブディスプレイをどのように使うのかここで変更できます。

Windowsボタンを押しながらPキーを押すと出てきます。

実際に使ってみよう!

ここまで設定ができれば、接続してアプリを起動すればいつでもデュアルディスプレイとして使う事ができます。

メインパソコンからサブディスプレイ化した端末の方にマウスカーソルを移動させて画面外に出すと…サブディスプレイにカーソルが移動してきますね!戻す時はメインパソコンの方にカーソルを移動してください。

メインパソコンで起動しているアプリをドラッグしてサブディスプレイに移動させれば、サブディスプレイでアプリを操作でき、メインパソコンとは別の作業を行う事が出来るようになると言うわけです!

写真はiPadをサブディスプレイにし、複写で同じ画面を表示しているところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?高価なサブディスプレイを購入せずとも、お手持ちのモバイル端末をサブディスプレイに出来てしまうワザをご紹介しました!

今回は無料のアプリをご紹介しましたが、有料のアプリでも同様のことが出来るようです。機能的に優れている点があるのかなど、機会があれば試してみたいと思います。

使い方や、うまくいかない方はコメントを頂ければ補足していきますのでどしどしコメントお待ちしています!

では、いのち がお届けしました!また次の記事でお会いしましょう!では!





+5

コメント

タイトルとURLをコピーしました