【コスパ最強!!】iPhoneと相性抜群!ワイヤレスイヤホンBeats Flexをご紹介!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは! いのち です!
ついにiPhone12 miniが予約開始されましたね!予約された方、検討されている方いると思います!

そんな方必見の、まさにiPhoneの為に存在すると言っても過言ではない最強コスパワイヤレスイヤホン、Beats Flexをどんなところがオススメ出来るのか、熱量いっぱいにご紹介したいと思います!

iPhone12 miniは、このイヤホンにまさにぴったりな、iPhone12シリーズで一番売れるであろうと言われる本命です!

iPhone12 miniについてSEと比較した記事も良ければ見てください!

さぁ、行ってみましょう!

スポンサーリンク

最強コスパネックバンド型Bluetoothイヤホン!

このイヤホンは首に掛けられるタイプのネックバンド型Bluetoothイヤホンです!価格は5000円ちょいで購入出来、バッテリーの持ち、使い勝手を考えるとAir Podsは値段が高くてちょっと…と言うiPhoneユーザー全員にオススメ出来るイヤホンです!

今問題視されるワイヤレスイヤホン落下問題をスマートに回避!

首に掛けられるタイプのイヤホンなので、駅のホームやバスで居眠り…イヤホンを落としちゃった!
何て事はありません!

イヤホン落下紛失防止グッズの記事は以下から。

スポンサーリンク

他にはないiPhoneとの連携!

他にはない連携とは、

  • 自動再生/一時停止機能!
  • iCloud情報と紐付け!Apple製品シームレス接続!
  • オーディオ共有が使える!

です!それでは上から説明しましょう!

電車やバスで音楽を聴いている時、スマホをいつでも手で持っているわけではないと思います。

友達から話しかけられた時、車内のアナウンスを聴きたい時、耳から外してイヤホン同士をマグネットでくっつければメディアが一時停止します!また耳に付ければ自動再生する機能が付いているのです!この価格帯のイヤホンではなかなかない機能です。

マグネットでくっつくので、外した時もだらしなく見えません!この自動再生/一時停止機能はいい事ずくしです!

くっつければ、曲が一時停止します!

次は接続性利便性です!

Beats FlexにはBluetoothチップApple W1が搭載されています。iPhone・iPad・Mac間でBluetoothペアリング切り替えが非常に簡単に行えるのです!

初回のペアリング時にiCloud情報と紐付けされることにより、iPhoneでBeats Flexとペアリングすれば自動的にiPadやMacでも使えるようになります。この辺りは純正の強みと言ったところでしょうか!

また、バッテリーの残量も一目で確認できるのです!

ペアリングされるとバッテリー残量まで表示!

ただし、このイヤホンに搭載されているチップはW1チップですので、ios14から新たに機能追加された端末間の自動接続切換えには対応していません!個人的にはここだけが唯一残念…。ですが、この値段なので仕方ないところでしょうか。

最後はオーディオ共有です!

この機能は、iPhone や iPad から流れてくるオーディオを友達や恋人と一緒に、AirPods や Beats ワイヤレスイヤフォンで聴くことができる機能です。

有線のイヤホンや、他のワイヤレスイヤホンであれば、片耳だけ貸して音楽をシェアするしかなかったのですが、オーディオ共有機能対応のW1チップ/H1チップが搭載されたイヤホンであれば、無線で音楽をシェアできてしまいます!★個人的にはこれが至高!

iPadで動画を見たりするときも二人で迫力あるサウンドを共有できますね!

対応のイヤホンは以下のものです。

設定の仕方や概要は公式サイトへのリンクへ!AirPods や Beats ヘッドフォンでオーディオを共有する

大事な音質は!?

appleの傘下になったこともあってか、最近のBeatsのサウンドはバランス型の傾向がありましたが、このイヤホンはまさにBeatsサウンド!!低音をしっかり鳴らしてくれます!

中音域と高音域は若干弱い感じがあります。ボーカルを強調した音にしたかったり高音がもう少し欲しい場合などは、プレイヤー側のイコライザー機能で調整してあげるといいと思います。

さすがに高価格帯のワイヤレスイヤホンと比べるともう少しのところですが、5000円台のイヤホンとしては十分高音質と言っていいと思います。

内臓マイクは、風切音の低減機能を備え、アウトドアでもよりクリアな音声を実現しています!

付属品、バッテリー持ち、カラー展開は?

付属品は、USB Type-Cケーブル、イヤーチップ4種類です!

画像:apple公式サイトより

ここで気になるのがケーブルがUSB Type-Cという事です。iPhoneのライトニング端子とは異なるのでモバイルバッテリーを使用する方や、充電器を持ち歩く方は2種類のケーブルを持ち歩くことになります。

個人的にはここも少し残念な点でもあります。これはiPhone12がUSB Type-Cになってほしかったという事でしょうか。

バッテリー持ちは、Fast Fuel機能を搭載していて、10分充電で1.5時間再生可能。最大12時間再生できるので、通勤通学で使用する程度なら頻繁にバッテリー切れを気にする必要はなさそうです。

カラー展開は、ブラック/ユズイエロー/フレイムブルー/スモークグレーの4色です!

フレイムブルーとスモークグレーは2021年初めに登場、ブラックとユズイエローは直ぐに購入できます!どの色も可愛いですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

iPhone12にはイヤホンは付属してきません。このコスパ最高のイヤホンは付属品でも良かったくらい相性がいいですよね!

この価格帯のイヤホンでオーディオ共有、自動再生/一時停止機能搭載!iPhoneユーザーみんなに持ってほしいイヤホンだと思います。

それでは、今回はこの辺で!最後まで見てくれてありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!では!





+5

コメント

  1. […] 【コスパ最強!!】iPhoneと相性抜群!ワイヤレスイヤホンBeats Flexをご紹介!こんにちは! いのち です!ついにiPhone12 miniが予約開始されましたね!予約された方、検討されている方いる […]

    0
タイトルとURLをコピーしました